MENU
03_pagetitle

代表作品

代表作品

黒井千左 / 黒井慶雲 / 黒井博史  ※各作家名をクリックして下さい。

象嵌線文壺

ロクロ成形後、素地土を彫って、異なる土を埋め込んむ象嵌手法を用いた作品です。釉薬は灰釉を使っています。

窯変落雁水指

虫明焼を代表する伝統の落雁の細水指です。
これぞ虫明焼と言える水指です。

灰釉火円文流し釉壺

灰釉の飽きのこない色合いに
土見せの部分には火円文の緋色が鮮やかな
土味と釉薬の魅力が融合した壺です。

鉄灰釉樹林文大坪

ここ数年取り組み始めた、樹林シリーズの先駆けの作品です。
木の上側には雪が降り積もり、真ん中から下側の幹との色目の対比が目を引きます。
鉄釉と灰釉を組み合わせて掛けた技巧派の作品です。、

灰釉壺

虫明らしい松灰を基調とした透明釉を施釉した壺です。
枇杷(びわ)色の深みのある色合いと上部にはワラ灰釉による乳濁の色合いが調和したおとなしい色調の壺です。
主役の花を引き立てる作品です。

象嵌彩色花文大皿

象嵌作品です。
ロクロで挽き上げた大皿を半乾燥させてから、彫って色鮮やかな独自調合の土をグラデーション調に埋め込んで、鉄絵と呼ばれる絵具で花の文様を描いています。

象嵌彩色樹林文皿

象嵌シリーズです。
叩いて伸ばして成形した皿を半乾燥させた後、独自調合の色土を埋め込んで、樹林を絵画的に表現した作品です。

虫明焼十二ヶ月茶碗

虫明焼を代表する12か月茶盌です。
一つずつお買い求めいただけます。
詳しくは電話、お問い合わせフォーム等にてお受けしています。

雪笹の手鉢

虫明焼を代表する一つ、雪笹手鉢です。
先人たちが作り続けた名作を現代に受け継いでいます。

窯変象嵌壺

象嵌手法による大人しい色合いの壺です。

色土象嵌幾何文壺

象嵌手法を使い、独自調合の色土を壺全体に埋め込み、カンナで彫って白絵土を埋め込み、文様を描いています。

荒土灰釉焦し水指

虫明の深みのある色合いに所々、焦げが出て味わい深い風合いを醸し出した細水指です。

雪笹手鉢

虫明を代表する雪笹の手鉢です。

窯変壺

全体が窯変の色合いになった、虫明らしい落ち着いた感じの中壺です。

page3-img-none

page3-img-none

藁灰釉掛分大鉢

藁灰(わらばい)釉と灰釉を掛け分けた色鮮やかな大鉢です。
縁には筆で銅を塗り、濃い緑色に発色して、アクセントが効いてます。

窯変耳付水指

窯変の色合いで、若草色と枇杷(びわ)色が入り混じり、耳のついた存在感のある水指です。
正面にはワラ灰の釉薬が流れ、虫明の松灰の釉薬と調和が取れた飽きの来ない色合いです。

鉄釉幾何文壺

壺中央に流れる濃い目のコバルトを吹き付けて、文様を敢えて決して、その両側を茶褐色の柿釉を掛け、さらに両端は霧状に吹き付けることで、油滴調の結晶が出て、シャープな線となって、壺を引き立てています。

灰釉荒土稜線壷

虫明の灰釉と藁灰(わらばい)を掛け分けた荒土を使った花器です。
ロクロではなく、紐(ひも)作りで積み上げて成形し、稜線を付けた大人しい作品です。

亀甲貫入青瓷ひさご花入

研究中の亀甲貫入青瓷(きっこうかんにゅうせいじ)釉のひさご花入です。
貫入が複層して奥行があり、薄いブルーが映えた花入です。

鉄灰釉叩き稜線花入

四方ともフォルムがそれぞれ異なる花入です。
虫明の松灰釉をかけ、鉄釉を吹き付けて変化をつけています。四面それぞれのフォルムを楽しめるちょっと変わった花入です。

鉄釉暈し幾何文陰陽鉢

第57回日本伝統工芸展初入選作です。
黒の鉄釉をベースに茶褐色の柿釉の文様が暈し(ぼかし)で表現しています。
器の外を「陰」、器の内側を「陽」に見立てて、色調を変えた作品です。

鉄コバルト釉幾何文鉢

第60回日本伝統展入選作品。
やや光沢のある黒釉を下地に濃い目の茶褐色とコバルトによる幾何学文様。黒のスペースとの対比により、文様が広がる壮大な感じに仕上がっています。
年々、文様も変化させて、動きをより強く出しました。

灰釉彩稜線扁壺

稜線を施した扁壺です。 虫明の灰釉をかけ、上部にはワラ灰の乳濁と織部釉が窯変して赤の辰砂調に発色しています。