岡山天満屋 作陶50周年記念 黒井千左陶展のご案内

このたび、岡山天満屋では5年ぶりとなる「作陶50周年記念 黒井千左陶展」を開催させていただくことになりました。

今展では、小生が手掛けてきました象嵌手法で、最近工房近くで採土された紅い緋色出やすい虫明の土を使い、白い灰釉を薄っすら掛けた色鮮やかな花器をはじめ、色彩豊かな色土をグラデーションにして光沢のない虫明の灰釉でマット調に仕上げた皿。さらには前出の緋色の出やすい土の中でも荒土を使って手練で成形し、ヘラ目を入れて虫明の灰釉がたっぷりと掛かった茶盌や油滴天目茶碗、食器、さらには虫明焼12カ月茶盌も一堂に出品します。虫明ならではの窯変(ようへん)と呼ばれる若草色と枇杷色が入り混じった大人しく飽きの来ない色調も健在です。

作陶50周年を記念すべく、特別ご奉仕価格の作品もご用意しています。是非この機会に皆様お誘いあわせの上、ご清鑑いただきたくご案内申し上げます。

   虫明焼 黒井千左

0103020405