土作りは続く・・・

もう4月ですね。桜の開花も間近。暖かい日も増えてきましたが、天気が悪いとまだまだ寒いです。

 

土作りもそれなりに進んで、2回目の土こし作業(調合した原土を目の細かいふるいにかけて異物を取り除き、粒子の細かい純度の高い土だけをタンクに貯めていくこと)に入っています。

 

土こしの前には、以前に少し紹介しましたが、土の掘り起こし→土を天日に干して乾燥→木槌で土の塊を細かく粉砕→水に土を入れて攪拌機(かくはんき)を使って混ぜ合わせる→土こしとプロセスを経ていきます。

 

img_8903

 

木槌で土の塊を細かくしていく作業がとても体力を使います。この作業を1日するととても疲れます。中腰で打つのでこれがまた腰に負担がかかります。息が上がるので、休み休みしてます。業者から買った土でやってる人がすごく羨ましく思う時ですが、こだわりをもっていい土を作ってるんだと言い聞かせてやってます。

 

これが終わると、水に土を入れて攪拌機(かくはんき)を使って4種類の土を混ぜていきます。

 

img_8951

 

上の写真の黒いのが攪拌機です。この鋼鉄製の攪拌機を二人がかりでタンクに入れるのがまた大変。写真左に少し写っているのが攪拌機で混ぜた土を大きな目の細かいふるいに通して、異物などを取り除きます。

 

この日は曇りで風もあり、手足は冷え、これも中腰での作業で、腰は悲鳴を上げそうなほどきつく、とても大変でした。終わった時には手指の感覚が麻痺し、箸が持ちにくいくらいでした。

 

土作りって正直面白くないですが、すごく大切で、しかも大変な作業です。数年に1度の作業ですが、使える土に仕上がるには、2カ月~3ヵ月は掛かるので、その間は制作ができません。物が作れないのでフラストレーションが溜まります。最近は、疲れた体に鞭打って、夜に少し作品作りをしています。それで気分が落ち着いたりもします。

 

でも、毎日がこんな感じなので、メリハリをつけて体を休めることもしっかりしています。

 

早く作品作りに集中したいなあと思う今日この頃です。