土作りをこなしながら

前回のブログでお話ししたように土作りの毎日を送っています。

 

普段やりなれない力仕事に夕方にはクタクタになりますが、頭はこれからどんなものを造ろうかイメージを張り巡らせています。個展や公募展に向けた準備でもありますが、作陶10年を超えて、これまでの仕事の反省など色々と考えています。

 

特にこれまでの失敗を今まで以上にいい方向に持っていくにはどうしたらいいか、最近、すごく考えます。もっといいものを作るには今までやってきた仕事のやり方を大きく変えてみる必要があるんじゃあないかと。

 

今年は仕事もプライベートも新しいことに積極的に挑戦しようと少しずつですが、試しています。

 

例えば、窯焚きだったらこれまでは温度の管理や松の焚いた時間、量、色合いや焼け具合などの結果は細かく記録していますが、数値化していなかった数字を拾い上げて記録・分析したり、調子の悪かった釉薬の改良方法をもっと細かく記録して数値化したり・・・今まで見えてこなかった部分を拾い上げて、新しい発見につなげる努力をしています。

 

そのために、これまでのノートへの記録とは別にエクセルで新しいデータや所見を書き込んでいます。今までは無駄があったように思います。それを少しずついい方向へ生かしていけたらと思っています。

 

他にも色々と挑戦しています。今日できることは明日に持ち越さないようにするだけでも早く前へ進めるので、意識をより高く持って、早くいい結果が得られるよう、頑張っていきたいと思います。

 

そんな毎日ですが、山の工房には梅がきれに咲いています。枝垂れ梅はもう終わりかけですが、普通の梅はまだしばらく見頃です。

img_8852        img_8855

 

img_8849        img_8850