岡山県立美術館特別展「没後100年 宮川香山 虫明焼と明治の陶芸」3/18(金)~5/8(日)

宮川香山(1842-1916)は、初代楽長造の四男として京都眞葛原(現東山区)に生まれました。父の跡を継いで陶業を始めた香山は、明治初年、備前で虫明焼の指導にあたっています。その後、横浜へ移住し眞葛窯を開業、職人とともに輸出用陶磁器を製造しました。国内外の博覧会で輝かしい成績を収め、明治を代表する陶芸家として活躍しました。
本展は、2016年に没後100年を迎える宮川香山について、第一章で本県虫明焼の歴史とその発展に寄与した香山を顕彰し、第二章で日本の近代窯業界の寵児として世界に名を馳せた香山の優品を紹介します。(以上、岡山県立美術館制作紙面より引用)
この特別展では、現代作家として黒井一楽、黒井千左、黒井慶雲、黒井博史の作品も展示されます。宮川香山作品を含めた総展示数は約250点の予定です。

会期/3月18日(金)~5月8日(日)
午前9時~午後5時まで
会場/岡山県立美術館
電話(086)225-4800
岡山市北区天神町8-48
主催/岡山県立美術館、山陽放送
特別協賛/積和不動産中国
後援/岡山県郷土文化財団、岡山県文化連盟、瀬戸内市、瀬戸内市教育委員会、山陽新聞社、oniビジョン、FM岡山、レディオモモ、JR,岡山県観光協会

会期中、関連事業として、黒井千左による記念講演会を予定しています。作品や普段見られない制作状況の画像を用いて、解説します。誰でもご自由に参加できますので、お気軽にご来場ください。
日時/4月17日(日)14時~15時半
場所/岡山県立美術館ホール 先着200名 聴講料無料